Webライターの始め方

【Webライターになる方法】未経験・独学での始め方5ステップ

  • Webライターを始めたい
  • どれくらい稼げるか知りたい
  • まず何から始めたらいいの?
  • 資格やスキルがなくてもなれる?


この記事ではこんな疑問を解決します。

会社員の働き方が合わない…。会社をやめて自宅や快適な場所で働きたいけど、続けられるかも不安。

こんな方にはWebライターがおすすめです。

なぜならWebライターは文章が書ければすぐにでも始められて、会社員をしながらでも独学でスキルアップできるから。

一方でWebデザイナーやプログラマーの場合、始めるまでに最低でも3か月ほどの勉強と、数万〜数十万円の費用が必要です。

お金をかけず独学で始められるのも、Webライターの魅力。

このページではWebライターの始め方だけでなく、働き方・収入や相場・最短で稼げるライターになる方法まで、初心者にもわかりやすく解説しています。

Webライターを始めてみると、会社員時代に感じていた不満やストレスが一切なく、仕事を通して自分にスキルが貯まるので最高ですよ!

  • 未経験から会社員をやめて独立したい
  • 会社の行事や人間関係で消耗したくない
  • 最初は低リスクで始めたい
  • 自分のライフスタイルやその日の体調に合わせて自由に働きたい


こんな方にピッタリの働き方です☺︎

この記事を書いたひと

  • Webフリーランス
  • 未経験→独学3か月でライター月収6桁
    (文字単価3円/時給2,000〜3,000円)
  • Webライター経験でブログ月収5桁


まずは副業から始めたい方、将来的には独立して自由に暮らしたい方はぜひ最後までご覧ください。

未経験からWebライターになる方法


Webライターは5ステップで誰でも始められます。面接・試験もないし、副業からでもOK。

Webライターを始める5ステップ

  • WordPressブログを開設
  • ライティングを独学する
  • 5〜10記事書く
  • 無料でクラウドソーシング登録
  • ライター案件に応募


ただし稼げるWebライターになるには戦略と独学が必須です。

未経験・特別な資格0の初心者ライターが最速で月3万円稼ぐ方法は、以下のページでわかりやすく解説しています↓


まずはWebライターの仕事について軽く説明しておきますね。

「もう知ってるよ」という方は、目次から「Webライターの始め方5ステップ」へ☺︎

Webライターとは?3つの働き方


Webライターは企業サイト・ネットニュース・Kindleなど、インターネット上の文章を書く仕事です。

企業サイトの記事やネットの検索結果の多くは、Webライターが書いています。

Webライター3つの働き方

  • Webライターとして企業に就職
  • フリーランスWebライター
    (わたしはこれ↑)
  • 副業Webライター
    (会社員ならまず副業ライターが◎)


企業に就職すれば安定しますが、そのぶん会社員としての制約があります。

一方フリーランスは給料が保証されませんが、好きな時間に好きな場所で働けるので、仕事のために旅行・イベント・移住などをあきらめる必要がありません。

仕事の休憩中・家事の合間・休日などに自宅やカフェでサクっと作業できるので、会社員の副業としてもおすすめですよ。

Webライターの収入は?


Webライターの収入は数百円〜100万円以上と、かなり幅があります。

文字単価×文字数で決まるので、収入を増やす方法は次の3択です。

  • 文字単価を上げる
  • 文字数を増やす
  • 多くの案件をこなす


②③を続けていると消耗するので、専門分野を高単価ジャンルに絞ったり、資格・スキルを身につけたりすることで、文字単価アップを目指していきます。

稼げるライター

→数十万円〜100万円/月

  • 高単価ジャンルに絞っている
  • 専門分野・得意分野がある
  • SEOライティングを勉強している
  • 自分でもブログ運営をしている
  • ワードプレス操作ができる
    (ブログ運営で習得できます)

稼げないライター

→数百円〜1万円/月

  • 文章しか書けない
  • 資格や専門分野がない
  • 勉強する気がない
  • 低単価ジャンルを選んでいる


副業ブームやコロナ禍の影響でWebライターが増えているので、文章しか書けない雑記ライターは受注しにくくなっています。

ですが実際にやってみて稼ぎやすかったジャンルもあるので、詳しくは仮想通貨Webライターで月5万円稼ぐ方法をご覧ください。

未経験からWebライターの始め方5ステップ


Webライターを始める手順は5ステップです。

  • WordPressブログを開設
  • ライティングを独学する
  • 5〜10記事書く
  • 無料でクラウドソーシング登録
  • ライター案件に応募

ライターなのにブログから始めるの?

WordPressブログはWebライターに必須のスキルです。
ブログなしでライター案件に応募してもほぼ採用されません。

遠回りに思えるかもしれませんが、わたしもこの手順で文字単価0.6円→3円(時給2~3,000円)になりました。

編集者さんも以下のような発信をされているので、かなり再現性の高い方法ですよ。


それでは5ステップを順に解説していきますね!

知らないと採用されない注意点もご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

① WordPressブログを開設


Webライターを始める最初の1歩はWordPressブログの開設から。

ブログ運営には3つのメリットがあります。

  • 記事をクライアントに提出できる
  • 採用率・文字単価が上がるスキルが身につく
  • ブログでも稼げる


ライター案件に応募する際には必ず「実績記事」の提出を求められるので、過去に書いた記事がない初心者ライターはブログを実績として提出します。

またWordPressブログができるライターはそれだけで評価が高く、採用率・文字単価も高くなりますよ。

実績用に書いた記事にアフィリエイト広告を貼れば、ブログで稼げる可能性もあります。

無料ブログじゃだめ?

Webライター・ブログで稼ぎたいなら無料ブログは絶対にやめておきましょう

無料ブログを選ばない理由

理由①:WordPressスキルが学べない
理由②:ブログで稼げるチャンスを逃す
理由③:記事を消されるリスクがある


無料ブログは運営側に所有権があるため、勝手にアカウントや記事を削除されたり、規約が変わるリスクがあります。

また自由に広告を貼ることもできません。

実際にアメブロでは2018年〜アフィリエイトOKでしたが、2020年には規約が変更され、アメブロが指定する広告しか貼れなくなりました。

収益が発生していた記事や、実績用の記事を突然消されたら辛いですよね。

Webライター・ブログの両方で稼ぎたいならWordPressブログを選びましょう。

費用は月1,000円ほどです。

WordPressブログは15分で開設できるので、以下の記事を参考にしてみてください。

※2022年9月30日(金)18時まで
半額キャッシュバック+ドメイン永久無料

ブログを始めるなら今がチャンスです!


>>今すぐWordPressブログを始める

② ライティングを独学する


Webライティングは、国語の授業で習った文章の書き方とはちょっと違います。

基本的な文の構成や接続詞、正しい日本語などは同じですが、Web上ならではの特徴があるため必ず本で学びましょう。

独学に役立つ本をまとめたページがあるので、詳しくはWebライター初心者の必読書5冊をご覧ください。

基本的な文章の書き方について1冊だけ読むなら、『20歳の自分に受けさせたい文章講義』がおすすめ。
多くのライターが読んでいます。

Amazonオーディブルなら30日間の無料体験ができるので、無料で今すぐに勉強できますよ。

オーディブルは本を耳で聴ける音声学習サービス。読書が苦手・読む時間がない方も、通勤や家事をしながら勉強できます。

③ 5〜10記事書く


本を数冊読んだら、さっそく学んだことを実践してみましょう。

まずは5記事を目標に、ブログ記事を書いていきます。

どんなことを書けばいいの?

慣れるためにとりあえず書くことが大切ですが、ジャンルは絞っておいた方がいいですよ。

ブログ記事はライターの実績としてクライアントにも提出するので、ライターで専門にしたいジャンルと同じものにしておくのがおすすめです。

たとえば金融系の専門ライターを目指すなら金融ジャンル、美容系なら美容ジャンルのブログを書きます。

記事を書くときに気をつけること

  • 誰かの役に立つ内容を書く
  • 見出し・タイトルは必ずつける
  • Webライティングを意識する
  • とにかく書いてみる


最初はまとまらなくて絶望するかもしれませんが、みんな同じなので大丈夫ですよ☺︎

上達するにはライティングを学びながら、ひたすら書くのみです。

④ クラウドソーシングに登録


WordPressブログで実績となる記事が用意できたら、さっそくWebライターを始めてみましょう!

まずクラウドソーシングサイトに登録します。

クラウドソーシングサイトとは?

「仕事を依頼したい発注者」と「仕事をしたいワーカー」を結びつけてくれる場所です。

仕事探しから応募・納品まで全てサイト内で完結するので、匿名で副業することもできますよ☺︎


初めはクラウドソーシング最大手の2社に登録しておけば十分です。登録は完全無料

>>無料で「ランサーズ」に登録する

>>無料で「クラウドワークス」に登録する

わたしもこの2つに登録してますが、クラウドワークスの方がライター案件が多いのでメインで使っています。

めんどうなら、まずはクラウドワークスだけ登録しておけばOK。

⑤ ライター案件に応募


クラウドソーシングに登録できたら、気になる案件を探して応募します。

文字単価の相場は0.1円~4円ほどと幅広いですが、超低単価の案件は消耗するだけなので避けましょう。

わたしは0.6円〜スタートしました。

応募はクラウドソーシングのサイトやアプリで入力して、送信するだけなので簡単ですよ☺︎

クライアントによって異なりますが、一般的に次のような内容を入力します。

  • クライアントからの質問に回答
  • 提案文
  • 過去の実績記事


案件に応募する際の流れや注意点は、こちらで詳しく解説しています。(準備中)

未経験からWebライターが最短で稼ぐ方法


Webライターは誰でも始められますが、効率よく稼ぐためには戦略が必須です。

特別な資格や実績がないなら、次の2つで勝負しましょう。

① ライバルが少なく高単価な専門ジャンル
② WordPressのブログ記事

詳しくは未経験・資格0から始めて最速で月3万円稼ぐ戦略のページで解説しています↓


またこれからWebライターでしっかり稼いでいくなら、仮想通貨ジャンルの専門ライターを目指すのもおすすめです。

なぜなら仮想通貨の市場は伸びているのに「仮想通貨の経験があるライター」は不足しているので、ライバルが少なく高単価で受注しやすいから。

仮想通貨はまったくの初心者でも500円〜の投資で勉強でき経験者ライターとして活躍できますよ。

仮想通貨ライターの始め方を知りたい方は以下のページをご覧ください↓


仮想通貨ジャンルはWebライターで稼げるだけでなく、ブログでも1件の発生で8,000円〜1万円の報酬。

Webライターだけでなく、ブログ収入もあると安心ですよね。

これからWebライターを始めるなら、まずはブログを開設して「ワードプレス操作」と「Webライティングの勉強」から始めましょう。

※2022年9月30日(金)18時まで
半額キャッシュバック+ドメイン永久無料

ブログを始めるなら今がチャンスです!

>>今すぐWordPressブログを始める

-Webライターの始め方